サプリメントや健康食品の効果・効能 比較ランキング

健康食品について

近年、規則正しい食生活や健康づくり等の関心が高まってきています。
それに伴い「健康食品やサプリメント」を利用する方が非常に多くなってきています。

 

「健康食品やサプリメント」を摂取するには、現在の自分の健康状態や栄養状態を把握し、その状態に合わせた健康食品やサプリメントを摂取する事が、健康になる上で必要になります。

 

この、「健康食品」という言葉の定義は、はっきりしたものがなく、一般的に「普通の食品よりも健康によいと称して売られている食品」の事を言います。
健康食品は「薬」では無く、「食品」なので医薬品にしか使用できない成分は配合できませんし、医薬品的な効能や効果等を表現することも原則できません。こういったものに違反している場合は「無承認無許可医薬品」ということで、販売が禁止されています。
あくまでも健康食品は効果を期待して摂取するのではなく、通常の食品と同じように、自己責任で摂取することになります。健康の基本は、規則正しい食生活と、栄養バランスが大事です。

 

不足しがちな栄養が、普段の食事で補えない場合は、健康食品やサプリメントの摂取方法を守って上手に利用しましょう。

 

健康食品やサプリメントは、数多く流通していますが、ほんの一部の製品に機能が不明確だったり、流行や時事ネタ等関連した部分に関係させた誇大広告を行う悪質な販売業者が見受けられる場合がありますので、ご注意ください。
健康食品を購入・使用する際には表示などに十分気をつけるとともに、信頼できるお店で購入するようにしてください。

 

※)注意、健康食品を使用し、身体の調子が悪くなったときは、すぐに使用を中止し、医療機関で受診してください。また、その時に次のことを医師に告げましょう。

 

 

保健機能食品(特定保健用食品・栄養機能食品)の違いとは?

保健機能食品とは

特定保健用食品とは、栄養改善法が1990年に一部改正され、「医学的、もしくは栄養学的の見地から、その効能や用途が証明されていると認められるもの」について、国が許可を与えていましたが、さまざまな規制緩和が検討され、平成13年4月から「保健機能食品」制度が定められました。
これまで医薬品として販売されてきたビタミンやミネラル等の成分は、食品分野で、自由に流通ができるようにという規制緩和で変更されました。
また、この規制緩和制度の中で、以前から個別に審査をして許可する「特定保健用食品」と、前もって決められた規格基準で製造した製品に「栄養機能食品」というが新しい認証が追加されました。

 

特定保健用食品と栄養機能食品について、表示の内容に注意し、不足しがちな栄養やミネラルに上手に摂取したいものです。

 

特定機能食品とは?

 

この食品は国が、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、許可・承認が得られたものに、「特定保健用食品」として許可・承認を受けた表示内容を表示して販売することができます。摂取により当該保健の目的が期待できる旨の表示をするものです。
生理学的機能に友好的な影響がある成分を含み、血圧や、血中のコレステロールなどを正常な値にするために有効であったり、お腹の調子を整えることなどにも有効的など、特定の保健の用途のために利用されることを目的としています。

 

特定の保健機能については、科学的根拠を示し、有効性や安全性の審査や、国から個別に認可を受ける必要があります。
認可を受けた食品は、特定保健用食品のマークを掲載して販売することになります。なお、認可を受けるための食品形態の制限はありません。

 

栄養機能食品

栄養機能食品とは、医薬品とは違い病気の治療等に使用されるものではなく、養成分の補給・補完のために利用してもらうことを趣旨とした食品です。
食生活の乱ればどで、栄養バラスンスが崩れ、1日に必要な栄養成分を摂れない場合などに、栄養の補給・補完のために利用してもらうことを目的とした食品になります。
ビタミン(12種類)、ミネラル(5種類)について、国が定めた規格基準に適合している食品に、栄養成分の機能表示があります。上記の特定保健用食品とは異なり、厚生労働省が許可を行っているものではありません。栄養機能食品を販売しようとする際には、国への許可申請や届出は必要ありません。

 

・ビタミン(12種類)
ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸

 

・ミネラル(5種類)
亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウム、鉄

 

健康食品等を個人輸入する場合はご注意ください!

 

海外から個人輸入、もしくはネットで購入する場合は、医薬品成分が混入されている商品などがる場合があります。
外国の製品は、国内法で決められた成分では無い可能性があるため、購入から摂取後の中で何らかの問題が発生した場合も自己責任となります。
もし、摂取後に何らかの健康に関して害したと感じられる場合は、早めにお近くの、の医療機関や保健所に相談してください。
また、海外旅行の際に現地で購入する場合も、同じく商品に含まれている成分にご注意ください。

 

「水の種類別 効果・効能」

健康食品やサプリメントを摂取する場合は、お湯やお茶、ジュース等、内容に特定のビタミンやミネラル成分が含まれている飲み物では無く、天然水をオススメします。
特定のビタミンやミネラル成分が含まれている飲み物や、温度の高い飲み物と一緒に健康食品・サプリメントを飲む場合、化学変化を起こし、他のの成分に変化する場合があります。
また、人間は半分以上が水で構成されている生き物です。健康食品やサプリメントと同様に体に良い水をたくさん摂る方が健康の方法といえます

 

天然水・ミネラルウォーターの効果と口コミ・体験談についてはこちら

 

改善・効果があったと言われる水の種類

アルカリイオン水

アトピー性皮膚炎の改善下痢改善・高血圧予防・・便秘改善・疲労回復・胃酸過多の改善・老化予防・美容効果等の効果があると言われています。

 

バナジウム水

体の毒素を排泄するデトックス効果・脂肪燃焼促進・コレステロール値の改善・美容効果・糖尿病予防効果(血糖値降下作用)・熱中症予防の効果があると言われています。

 

水素水の効果・効能

アンチエイジング効果(抗加齢療法や、抗老化療法)・酸化還元効果・美容効果・体の毒素を排泄するデトックス効果・ダイエット効果・体質改善の効果があると言われています。

 

還元水の効果・効能

酸化還元効果・糖尿病予防・便秘改善・胃腸改善効果・下痢改善の効果があると言われています。

 

 

温泉水の効果・効能

美容効果(美肌)・生活習慣病予防・高血圧改善・整腸作用・便秘改善・免疫アップ・イライラ緩和の効果があると言われています。

 

海洋深層水の効果・効能

アトピー性皮膚炎・肝機能改善効果・血流改善・白内障発症遅延・エコノミークラス症候群の予防・高血圧予防・ガン細胞の増殖予防脂質代謝改善・骨密度減少予防・リウマチ予防・ピロリ菌の増殖予防・便秘体質改善予防・口内免疫アップ・の効果があると言われています。
炭酸水の効果・効能
ダイエット効果・美容効果・疲労回復・便秘改善・ストレス緩和・胃腸改善効果・血行促進効果・肩こり解消の効果があると言われています。

 

蒸溜水の効果・効能

強力なデトックス効果・美容効果・アンチエイジングの効果があると言われています。

 

シリカ水の効果・効能

「美」に特化した水・うつ対策・骨粗しょう症・関節の痛み・美肌・免疫力の低下・の効果があると言われています。

 

まとめ

 

健康食品・サプリメントは、現在の自分の健康状態や栄養状態を把握し、その状態に合わせた健康食品やサプリメントを摂取する事が、健康になる上で必要になります。
お気に入りの「美味しい!」と感じる水をみつけて、健康食品・サプリメントと適切な量を適切なタイミングで飲む。
健康食品・サプリメントだけでなく、水も人間にとって非常に大切なものなので、水にも気を配ってみたいですね。

 

天然水・ミネラルウォーターの効果と口コミ・体験談についてはこちら